アデノゲン

アデノゲンが効かない!そのワケとは・・・

資生堂から発売されている発毛促進剤「アデノゲン」。

 

生体内薬用成分のアデノシンが毛乳頭細胞に作用し、
髪の成長に不可欠な発毛因子FGF-7を作り出す効果があります。

 

資生堂という大手化粧品メーカーから発売されていることや、
アデノシンという独自成分を配合していることなどから、
あたかも画期的な育毛剤のように思われがちです。

 

薄毛や抜け毛でお悩みの人の中には、アデノゲンの購入を検討している
人がいることと思います。

 

 

ですが、

 

 

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

 

 

と声を大にして言わせてもらいます。

 

 

・・・

 

「え!?なんで!?」
「アデノゲンって有名だし、効果ありそうじゃん!?」
「アデノシン配合だし、効きそうなんだけど・・・」

 

と思った人もいることと思います。

 

確かにアデノゲンはこれまでの育毛剤とは一味違う育毛剤です。

 

育毛剤ではなく、発毛促進剤と名付けられています。

 

ワケの分からない会社から発売されている育毛剤ではなく、
大手化粧品メーカーの資生堂から発売されています。

 

アデノシンという他の育毛剤にはない成分が配合されています。

 

FGF-7という発毛促進因子を作り出し、FGF-7が毛乳頭細胞に
働きかけることで発毛が促進される効果があります。

 

世の中には数え切れないくらいの育毛剤がありますが、
他の育毛剤には無い独自成分を配合しているのがアデノゲンです。

 

 

ですが、

 

 

だからと言って、アデノンゲンを使ったからといってあなたの髪が増えるとは限りません

 

アデノゲンを使ったからといってあなたの抜け毛が治まるとは限りません
アデノゲンを使ったからといってあなたの薄毛が治るとは限らないのです。

 

・・・

 

アデノゲンは確かに発毛促進効果があります。
髪を作り出す毛乳頭細胞を活性化する効果があります。

 

頭皮の血行を促進しする効果があります。
狂った髪の毛周期、サイクルを正常化する作用があります。

 

ですが、

 

だからといってアデノゲンで髪が増えるとは限りません
だからといって薄毛が治るとは限らないのです。

 

・・・

 

いいですか!

 

日本人男性の3人に1人が悩まされている薄毛や抜け毛といった髪トラブル。

 

 

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

 

 

加齢と共に分泌量が増していく男性ホルモン。
多くの男性は男性ホルモンの影響で薄毛や抜け毛に悩まされているのです。

 

男性ホルモンによる抜け毛や薄毛の症状、
この症状はAGA、男性型脱毛症と呼ばれています。

 

髪の毛のことで悩んでいる人であれば、「AGA、男性型脱毛症」という
言葉は一度や二度は聞いたことがあると思います。

 

AGA、男性型脱毛法は男性ホルモンが原因で進行していきます。

 

具体的には、男性ホルモンの主成分であるテストステロンという成分が、
5αリアクターゼと呼ばれる酵素の働きでジヒドロテストステロンという成分に還元されます。

 

このジヒドロテストステロンが脱毛作用を働き、薄毛が進行していくのです。

 

脱毛の進行の仕方は人それぞれで、頭頂部から髪が薄くなっていく人や、
前髪が後退していく人、前髪+頭頂部が薄くなっていく人など人それぞれです。

 

 

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

 

ハゲ方は人それぞれですが、共通しているのは加齢と共に分泌量が増す
男性ホルモンの影響で髪が薄くなっていくということです。

 

結局のところ、日本人男性の多くが悩まされている薄毛、抜け毛は
男性ホルモンが原因だということです。

 

5αリアクターゼと呼ばれる酵素の働きで発生するジヒドロテストステロンという物質が原因なのです。

 

AGA、男性型脱毛症の進行を食い止めるにはこのジヒドロテストステロンの
発生を抑えるなければいけません。

 

そしてこのジヒドロテストステロンの発生を抑えるためには5αリアクターゼ酵素の働きを
抑えなければならないのです。

 

分りますか?

 

・・・

 

何度も繰り返しますが、多くの日本人男性が悩んでいる髪トラブルの原因は
男性ホルモンによるものなのです。

 

ですが、

 

残念ながらアデノゲンにはこの男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はありません
アデノゲンには、男性ホルモンそのものの脱毛作用を抑える効果はないのです。

 

アデノゲンは発毛因子FGF-7を作り出し、毛母細胞を活性化する効果はあります。
頭皮の血行を促進し、狂った髪の毛周期を正常化する効果はあります。

 

ですが、アデノゲンに男性ホルモンそのものの脱毛作用を抑える効果はないのです。

 

アデノゲンにジヒドロテストステロンの発生を抑える効果はありません。
アデノゲンに5αリアクターゼ酵素の働きを抑える効果はないのです。

 

 

アデノゲンはAGA、男性型脱毛症の根本的な原因を抑えることはできないのです。

 

 

もし、あなたの髪トラブルの原因が男性ホルモンの影響によるものであれば、
残念ながらアデノゲンを使ったからといって根本的な解決にはならないです。

 

・・・

 

 

「それじゃあ、一体どうしろっていうんだ!?」

 

「アデノゲンを使っても意味がないんだったらどうすりゃいいの!?」

 

「このまま髪が減っていくのを黙って見ていろってか!?」

 

 

と憤りを感じている人もいいることと思います。

 

 

そういう人が選ぶべき育毛剤は、

 

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

 

なのです!

 

 

「育毛剤 チャップアップ」

 

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

なぜ、アデノゲンではなく、チャップアップなのか!?

知っている人は知っていると思いますが、
チャップアップはAGA、男性型脱毛症にフォーカスした育毛剤です。

 

 

男性ホルモンによる脱毛作用を抑える効果がある育毛剤なのです。

 

 

AGA、男性型脱毛症の元凶はジヒドロテストステロンと呼ばれる物質です。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが5αリアクターゼ酵素の
働きを受けてテストステロン⇒ジヒドロテストステロンへと変化したもの。

 

チャップアップには、5αリアクターゼ酵素の働きを抑えるセンブリエキスやヒオウギ抽出液
といった成分が配合されています。

 

これらの成分が、5αリアクターゼ酵素の還元作用を抑え、AGA、男性型脱毛症の元凶である
ジヒドロテストステロンの発生を抑えてくれるのです。

 

さらにそれだけではありません!

 

ジフェンヒドラミンHCという成分や独自配合した32種類もの植物性天然成分が
頭皮の血行を促進し、髪を作り出す毛母細胞を活性化する効果があるのです!

 

男性ホルモンの脱毛作用を抑え、血行を促進して毛母細胞を活性化する、
それが育毛剤チャップアップなのです。

 

 

AGA、男性型脱毛症の人にはまさにうってつけの育毛剤なのです。

 

 

アデノゲンとその効果を比較すると以下のようになります。

 

頭皮の血行を促進する効果

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

 

 

毛母細胞を活性化する効果

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

 

 

男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!

 

 

 

頭皮の血行を促進する効果はどちらも高い効果を秘めています。

 

アデノゲンには独自成分、アデノシンが配合されていることからチャップアップと比較すると、
毛母細胞を活性化する効果は若干高くなります。

 

ですが、アデノゲンには男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はありません
チャップアップには男性ホルモンの脱毛作用を抑える高い効果があります。

 

最終的にどの育毛剤を使用するかはあなた次第です。
あなた自身が自分の判断で、育毛剤を選ぶのです。

 

ですが、

 

育毛剤を選ぶ上で最も重要な事は、自分の髪トラブルの原因にフォーカスした育毛剤を選ぶということです。

 

どの育毛剤を使用するにせよ、原因を根本的に改善しなければ
何の意味もありません。

 

もし、あなたが単純に頭皮の血行促進や毛母細胞の活性化だけをしたいのであれば
アデノシンを選んで正解でしょう。

 

ですが、

 

あなたの薄毛、抜け毛の原因が男性ホルモンの影響を受けているのであれば、
男性ホルモンの脱毛作用を抑える育毛剤を選ぶ必要があるのです。

 

そういう人が選択すべき育毛剤はアデノゲンではなく、チャップアップなのです!

 

 

「育毛剤 チャップアップ」

 

資生堂アデノゲンはまだ買うな!こんなヤツは効果なしです!